« ルワンダ大虐殺の原因は、かつての植民地支配にあり! | トップページ | 国鉄の分割民営化――振り返れば、これが日本が狂い始めた起点だった!  »

防衛省誕生で、不戦60年の終焉を告げる晩鐘が鳴り響く!

戦争が終わって60年が過ぎた昨年、詩人の長田弘さんはそのころ盛んに語られた「戦後60年」という表現に疑問を投げかけた。・・・・・・

 「昭和の戦争に敗れて戦争はしないと決めてからの、戦争をすることを選ぱなかった『不戦60年』という数え方のほうが、この国に戦争のなかったこの60年の数え方としては、むしろ当を得ています」(長田弘「知恵の悲しみの時代」みすず書房)

 60年もたてば、多くのものは古くなって時代に合わなくなる。手直しするのは当然だ。憲法しかり、戦後民主主義しかり――。そんな風潮がある。

 だが、日々続けてきたものは古くなるのではなく、日々新たな到達点がある。そこを前向きに評価したい、というのが長田さんの言いたいことだろう。

 防衛庁を「省」に昇格しようという法案の審議が・・・・・・大詰めを迎えている。・・・・・・「庁」という形は時代に合わないから、直したいということのようだ。

 防衛庁が生まれて52年がたつ。・・・・・・この間の歩みには、戦前とは違う国のありようを求めてきた私たち自身の決意が投影されていることを忘れてはならない。

 戦後日本は、侵略と櫃民地支配の歴史を反省し、軍が政治をゆがめた戦前の過ちを決して繰り返さないと誓った。だからこそ、戦後再び持った武力組織を軍隊にはせず、自衛隊としてきた。普通の軍隊とは違う存在であることを内外に明らかにする効果も持った。

 軍事に重い価値を置かない、新しい日本のあり方の象徴でもあった。国防省や防衛省ではなく「防衛庁」という位置づけにしたのも、同じメッセージである。

 ・・・・・・問われているのは私たちの決意であり、そうありたいと願う戦後日本の姿である。古びたり、時代に合わなくなったりする問題ではないはずだ。

 ・・・・・・省になることで、軍事的なものがぐっと前に出てくることはないのか。そんな心配もある。

 日本は、惨憺(さんたん)敗戦に至った歴史を反省し、新しい平和の道を選んだ。それは多くの国民が賛成し、いまも支持している選択だ。その重みを考えると、あたかも古い上着を取り換えるようなわけにはいかない。

 (文中の太字は文紹介者が強調のために付したものです。

    朝日新聞 06/11/30()朝刊「社説」


続きは、この画面上部の« ルワンダ大虐殺の原因は、かつての植民地支配にあり!


       

« ルワンダ大虐殺の原因は、かつての植民地支配にあり! | トップページ | 国鉄の分割民営化――振り返れば、これが日本が狂い始めた起点だった!  »

無料ブログはココログ