« 憲法第98条第2項とTPP  | トップページ | 危なかっしい日本    »

今更ですが、TVにおいては出る杭(批判的言論者)は打たれる―勝谷誠彦さんと堀潤さんの場合  

(1) 『たかじんのそこまで言って委員会』の人気出演者であった勝谷誠彦さんが、自身の公式サイトの13年3月5日号の記事で同番組を降板させられたことを公表しました。降板させられた理由を、いつもの勝谷さんとは違って歯切れのない言い方で次のように述べています(弱者に対しては強いのに強者や自分については甘いときもあったのが勝谷さんの弱点でした)。

 私がクビを言い渡された直後に『TVタックル』がオンエアされ、御存知のようにTPPがテーマで西田昌司さん(引用者注 : TPP反対論者)などの論客の奮闘ぶりがなかなか好評だったようだ。そのTPPで、私が「そこまで言って委員会?ダメでしょう」(引用者注 : 「〔私も本当はそこまで言いたいのだがテレビで〕そこまで〔強くTPPに対する批判を〕言っていいんかい?〔危ないから〕ダメでしょう」という意)と言ったのがクビになった大きな理由につながっている(内緒・笑)のはまことに面白い。~引用終わり~

 わかりにくい言い方ですが、つまり、TPPの批判論者であることが「クビ」の理由というわけです(少なくともそれが最大の理由の1つということです)。

 勝谷さんといえば、故三宅久之さんと共にたかじんさんの盟友です。そんな人物であっても強い者の意に沿わない者は打たれるのです。今回のことで、勝谷さんも弱い者に落とされました。今後は、常に弱い者の立場に立って自分を「クビ」にした強い者に立ち向かっていっていただきたいと願います。

(2)NHKのニュース番組のリポーターで人気だったアナウンサーの堀潤さん(35)が、今年(13年)4月1日付で退職し(退職させられ)ました。東京新聞の記事<市民がテレビを利用して情報を伝える権利/堀潤さんがNHKを辞めた本当のワケ(東京新聞:特報)>によれば、原発問題について真実の報道に努めようとしたことが強い者の意に沿わなかったのが退職に追い込まれた理由です。

 今回のような事態が起こることを堀さんは予想しておられたと思います。というのは、東京新聞の記事にも書いてありましたが堀さんは昨年の6月に、8bitNewsという市民がつくる市民のための映像ニュースサイトを立ち上げていたからです。

 堀さんは当面はこのニュースサイトに本腰を入れられるようですが、今後、気骨あるジャーナリストとしてますます活躍していただきたいと願います。8bitNewsを見ることで堀さんを応援していきたいと思います。

« 憲法第98条第2項とTPP  | トップページ | 危なかっしい日本    »

無料ブログはココログ