« 備忘録  | トップページ | 健診・検診問題 »

縮小社会・脱成長社会・脱成長経済・脱成長戦略・ローカリゼーション・ポスト現代資本主義     

                              反グローバリズム・反新自由主義の反撃こちら

(35)成長神話のその先へ.pdf

(34)経済成長は必要か.pdf

(33)トランプ氏の勝利=時代の節目

  ③気になる世論調査がある。米大統領選をテーマに新潟県立大学が9月、日本の首都圏で500人を対象に実施した。 もし可能なら「どちらの候補に投票しますか」という問いに、6割強が「クリントン」と答え「トランプ」は1割弱。だが、15歳から29歳までの男性では、支持はどちらも4割弱で拮抗(きっこう)した。同大学の猪口孝学長は「将来への不安が立ちこめているのだろう」と見る。「これを『新常態』として直視しなければ」    民主主義を揺さぶる社会の分断。日本では、それが認識されているだろうか。<(トランプショック どう考える 3)深い分断、きしむ民主主義より>

  ②トランプ氏勝利の意味 新時代に向き合う覚悟を.pdf

  ①所得税の累進課税による稼げない層への再分配(社会主義原理の部分導入)と相続税の累進課税による不労所得が過度になることを防ぐための調整(封建主義の復活防止)が大切(ご参照.pdf

(32)日本は、すでに「人工物の飽和」、つまり、エネルギーを消費する人工物(家やビルの床面積、自動車の数、工場など)が頭打ちとなっているのであるから、「自給国家」を目指すべき(ご参照.pdf)。

(31)「脱成長経済に向けて、世界に拡散している米国型価値観から脱却して日本的思考人間が力には限りがあり、自然環境との共生や調和ある社会の中で生きるのが人間本来の姿である、との思考)を回復すべし」(脱成長経済へ向けて 日本的思考の回復を.pdfの趣旨)。そうすることで、「一元化を指向する暴力を呼び起こす強力なアメリカ化に抗し、それぞれの地に根を持った多様なあり方が多元的に共存していく方向に日本が導いていかねばならない」(同化に抗する多元的共存.pdfの趣旨)。

(30)欧州では脱成長の動きが始まっています.pdf 

(29)大転換 脱成長社会へ

(28)14年2月9日投開票の都知事選では細川護煕候補が「大量生産、大量消費、経済成長第一でいいのか。欲張りな資本主義ではなく、心豊かな成熟社会に転換するべき」と訴え(ご参照ミラー)、16年1月31日投開票の都知事選では山口敏夫候補が「成長社会戦略でなく成熟社会戦略に切り替えていかねばならない」と訴えた(ご参照)。

(27)「成長ないと終わり」なのか.pdf

(26)「下り坂をそろそろと下る」

(25)映画「幸せの経済学」(10 米ニカラグア仏独英豪印タイ日中/1105日本公開)/公式サイト)はローカリゼーション(食の地産地消費などの脱グローバリゼーション)を提案。

(24)21世紀型経済モデル登場の日は.pdf  資本主義体制の超克に「外部」の刺激.pdf  資本主義の限界を見据えたポスト資本主義経済の仕組み構築の準備が急がれます。  これからの資本主義.pdf

(23)人間の歴史が安定期に向かいつつあることを直視し、われわれの価値観と社会のシステムを、そのような方向に転回すべき.pdf

(22)経済成長に代わり「善き暮らし」目標に.pdf

(21)日本の総消費は先進7カ国の最低にあり、アメリカの半分以下である。このように消費を低く抑える生活習慣を持つ日本には、定常型社会(脱成長社会)を受け入れるだけの市民個人の理性と利他主義と、それらを発揮できる知恵・勇気・美徳の度合いが相対的に高い(ご参照⇒人類はここで成長神話の幻想を捨てなければならない.pdf)。

(20)脱「成長追求型」 新たな社会像示せ.pdf  まだ成長戦略?.pdf  現代日本資本主義のかかえる諸課題(最大の課題は成長戦略推進による社会・経済格差拡大であり、そこから多くの課題が発生する)を解決するには「脱成長戦略への転換」が必要だが、それが達成されるまで日本社会が人間らしさを持続できる力を残存させていられるだろうか(格差が行き過ぎると共同体が維持できず、社会が成り立たなくなる.pdf)。

(19)「成長戦略」もうやめよう.pdf

(18)脱「成長」戦略−新しい福祉国家へ.pdf

(17)スモールマート革命.mht

(16)成長から成熟へ−さよなら経済大国Ⅰ.pdfⅡ.mht

(15)縮小社会にかじを切る.mht

(14)「別品」の国へ.jpg

(13)_さらば成長史上主義.pdf   成長なき社会発展は可能か?.pdf 

(12)パラダイムシフト 脱「成長」への道

(11)<脱成長>は、世界を変えられるか?.pdf 

(10)「経済」の支配から抜け出し、数値化されない「脱成長」の道へ.pdf

(9)組合いらぬ会社が理想.pdf 

(8)人口減少社会という希望 Ⅰ.pdfⅡpdf 

(7)成長か脱成長か? ファーストリテイリング会長兼社長の答「成長か、さもなければ死か.pdf」(日本を代表する企業で進行する人間崩壊より)

(6)平和なら成長いらない.pdf

(5)「経済ジェノサイド」か「デクノボーの生き方(穏やかな経済)」)か.pdf

(4)資本主義に「成長」は必要か。.pdf

(3)「脱成長」こそ「最善の脱原発」  

(2)縮小社会への道.pdf   縮小社会への道.pdf 

(1)縮小社会研究会  

« 備忘録  | トップページ | 健診・検診問題 »

無料ブログはココログ