« 憲法96条改定論議に思う。 | トップページ | 小田実によるベ平連の格言 »

憲法・改憲 

       憲法全文  集団的自衛権行使容認(戦争立法)

(15)改憲派から護憲派への質問、それへの回答.pdf

1814)日本国総理大臣は、「日本国憲法は、いじましくみっともない憲法だ」と公言してはばからない、自国憲法をさげすむ人物⇒政治家と話そう:自由民主党 安倍晋三総裁より24分付近から分割した動画(→右図はその一場面<クリツクで拡大>ご参照

(13)【16(H28).4.30】改憲の理由とされる緊急事態条項の必要根拠なしが判明⇒報告解説記事

(12)戦争法が廃止される前に「新9条論」を提唱することは、善意に基づくものでありながら利敵行為となります(ご参照 : この記事敵に送る塩?.jpg)。

(11)Q.「平和・民主憲法」がないと、あるいは、憲法はあってもそれが「平和・民主憲法」でなくなると、国民はどうなるか.pdf

(10)憲法は国家の在り方を規定する。憲法や、その解釈が変えられることは、国家の在り方そのものが変えられることに他ならない。ご参考 : 日本国憲法の前文・第1条・第9条の改訂をめぐる対立は、「日本国」の存廃をめぐる争い.pdf  

(9)不戦条約の理念は憲法第9条に受け継がれている。

(8)日本国憲法は個別的自衛権を認めているか。

(7)平和つなぐ(2) 異変、素人にも分かる (高田延彦)ミラー

(6)憲法という経典.pdf

(5)こんな視点も : 左折の改憲.pdf近代立憲主義への疑問 市民革命なき国の憲法は.pdf

(4)現実が不戦憲法を裏切った.jpg

(3)9条の国、誇り高き痩せ我慢.pdf 

(2)96条改定 : 憲法96条改定論議に思う。 立憲主義死守への強い意思.pdf憲法96条改正問題 : 「議論の府」の自己否定.pdf  / 専門家が語る96 条改正の危険性.pdf96条改定は憲法の破壊だ.pdf96条改定は「革命」だ.pdf

(1)憲法の基礎知識 : 憲法と普通の法律との違い.pdf   多数決って何? 届かぬ少数者の声

« 憲法96条改定論議に思う。 | トップページ | 小田実によるベ平連の格言 »

無料ブログはココログ