« 制服向上委員会 | トップページ | 危険な動きに釘をさそうとした天皇      »

原子村が原発を稼働しなければならない理由

 2015年夏、猛暑でも電力にゆとりがある(報道記事ミラー)。にもかかわらず、8月11日、川内原発は再稼働した。それはなぜか。原子村にはなにがなんでも原発を稼働しなければならない理由があるからである。「その理由の定説」とされているのが下記のこと。

 原発はリサイクルを前提としているので「使用済み燃料棒は資産」、よって、稼働しないと、財務計上として損失計上となるので、膨大な赤字を抱えることとなり会社(電力9社)が潰れてしまう経済構造となっている。

 そして、電力会社が潰れた場合、

①8次下請けまである下請けの人達の給料は無くなり

②原発で生きていた町はお金が落ちないので潰れ

③株式を購入していた東京都等の自治体の財政が危なくなり

④安定株として運用していた年金がこそげ落ち

⑤電力会社株を元に購入していた国債に影響し

⑥電力料金値上げで、製造業に影響する。

 ということで原発問題は、「その理由の定説」に従えば、原発依存経済維持を優先するのか、国民の生命維持を優先するのか、の二者択一問題ということになります。

« 制服向上委員会 | トップページ | 危険な動きに釘をさそうとした天皇      »

無料ブログはココログ