« 今、世界に求められているのは「日常の幸せ」の持続・回復である。       | トップページ | 侵略を武力なしで防ぐ道    »

ヘイトスピーチ・ヘイトクライム 

(11)相模原障害者施設殺傷事件<16(H28).7.26>

(10)ネトウヨ(ネット右翼)を捕らえてみればこんな人(いかにも、利用されたあげくに捨てられるような人)。

(9)サイレント・カウンター

(8)人権侵害と認定 法務省、在特会前会長に勧告(15.12.22).pdf

(7)何がイマドキの若者を熱狂に駆り立てるのか在特会逮捕事件で浮上した ヘイトスピーチ規制の是非いまへと続く憎悪の空気ヘイトスピーチやバッシングが行われる理由.pdf

  ヘイトスピーチを新しい法律で規制すべきか?弁護士13人の「賛否両論 PDF版

  ヘイトスピーチ 9割問題視 規制求める声も 全国アンケ.jpg  左のWEB版ミラー

  自民党ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム(PT)の初会合が12(H26).8.28に開かれたが、この中で、国会デモ規制検討の動きが出た(報道記事報道記事)。

(6)この記事.jpgは、慰安婦問題の記事を書いた記者の家族の人権が脅かされていることを伝えています。正義を振りかざして「記事は捏造だ」との批判を繰り返す人々は、人権侵害を平気で行える人々だということが明示されています。正義を振りかざしてヘイトスピーチを繰り返してきた団体が人権侵害団体であったということはすでに最高裁で認定されています(報道記事)。このような人権侵害が行えない社会をつくっていく努力が求められています。

(5)映画「レイシスト・カウンター」(14年 日本)⇒配給宣伝資金のサポート

(4)在特会の人種差別確定ミラー  警察庁は「在特会」をヘイトスピーチの代表的団体と認知.jpg

(3)在特会の主張を受け入れたといわれても仕方ない大阪市長⇒話題になった在特会会長との面談の翌日<14(H26).10.21>に同市長は「在日の特別永住者制度を見直す」と発言(報道記事)。

(2)公共施設使用規制問題

  ③生駒市(芸術会館美楽来利用)の場合

  ②門真市(市民文化会館研修室利用)の場合  〇門真市 条例活用し市施設使用規制 ヘイトスピーチお断り  〇門真市教委から指定管理者あて文書<14(H26).4.28>.pdf門真市民文化会館利用許可についての意見聴取について<14(H26).4.28>門真市民文化会館利用許可取り消し通知書<14(H26).5.2>/この利用許可を取り消しされた講演会は個人により企画されたもので、「と、ゆーか、本当にするかも未定ですwww」(主催者の言)というものであった。

  ①山形県(県生涯学習センターの研修室利用)の場合  〇県に寄せられた意見<13(H25).6.28~13(H25).7.7>  〇在特会山形支部が提出した「審査請求書」<13(H25).7.2>  〇山形県生涯学習センター条例

(1)従軍慰安婦「捏造」批判問題

« 今、世界に求められているのは「日常の幸せ」の持続・回復である。       | トップページ | 侵略を武力なしで防ぐ道    »

無料ブログはココログ