« 天皇「お気持ち表明」(平成の玉音放送)<16(H28). 8.8>について/生前退位問題 | トップページ | (冷戦終結後の熱戦の場となっている)イスラム世界        »

野党共闘から与党共闘への道のり(実践)   

  ~今後日本の歩みべきシナリオはどこまで実践できるのか~  参考 「高支持率」自民の地方首長選での敗北は続く

【16(H28). 10.23】東京10区・福岡6区の衆院補選投開票 : いずれも、野党の一本化はできたにもかかわらず民進は連合の圧力で他党の推薦の申し出を断り野党共闘が出来なかったので当然にも敗北。このため、16日の新潟県知事選に敗れて打撃を受けた自民を立ち直らせ、国会運営で主導権を確保させるという痛恨の事態を招いた。これで自民は、最重要議案と位置づける環太平洋経済連携協定(TPP)承認案の衆院通過時期を判断できることとなった。自民はしたたか、つまり、勝つためなら何でもやる(ご参照.jpg)。一方、民進は連合に足元をすくわれて自滅、つまり、敵と闘うどころか自分の身さえ守ることができなかったのである(ご参照ミラー>・報道記事.pdf)。 

 ⇒以上を踏まえて今後日本の歩みべきシナリオの「今後、どうするか」の部分に「なんとかして民進党と連合を切り離す」べし、を追記しました。

 *3選挙(新潟知事選と2衆院補選)の総括.jpgを踏まえて、野党共闘の前進を!

【16(H28). 10.16】新潟知事選投開票 : 野党共闘が勝利(報道記事)。同時投開票の長岡市長選でも非自民系(民進・社民系の原発再稼働慎重派)が勝利(報道記事。⇒これらを踏まえて、今後日本の歩みべきシナリオの「今後、どうするか」の部分を更新しました。 

【16(H28). 9.29】に告示された新潟知事選(10.16投開票)の闘いを民進党が放棄しました(報道記事)。これを機に、「結合(民進党の良心的部分と他の良心的政治勢力とが合流して新党結成、それを核とした野党共闘の構築)の前の分離(民進党内の良心的部分と‟第2自民党”的部分の分離)」が始まることが願われます。

【16(H28).10.16】新潟知事選

 ①社民党・自由党・共産党の推す反原発候補が、自民党・公明党の推す原発推進候補に勝利し、重要問題を鮮明にして争点化し、背任行為をおこなわなければ野党共闘が勝利することが再び明らかになった(野党共闘は、自公推薦候補に「原発再稼働に問題があればノーと言う」との、形勢不利となった選挙しのぎのウソを述べる背任行為させるまでに追い込んだ)。

 ②民進党は、原発推進の連合が支持団体であるため党としては反原発候補を推すことが出来ずに自主投票とし、反原発候補の当選祝いの場にも一人の民進党国会議員の出席も許さないという醜態をさらし、責任政党(政権を担いうる政党)になり得ないことをまたしても証明した。しかし、民進党の良心的部分は反原発候補の応援行動を行ない、朝日新聞の出口調査では民進支持層の85%が反原発候補に投票した。

 ③①と②から、社民党・自由党・共産党と民進党の良心的部分が結集すれば自民・公明勢力を打ち負かせることが明らかとなった。なお、維新はこの選挙においては見る影もなく、不要な政党であることも明らかとなった。

 ④連合は、自民党・公明党と結んで原発推進候補を推し、現政府与党の補完団体であるという醜態をさらし、野党共闘の敵対勢力であることをまたしても証明し、連合をどうするかが課題であることが再確認された。また、朝日新聞の出口調査では、男性の20~40代で原発推進候補が強い一方、女性の40~60代で反原発候補が大きくリードし、「経済」を重視する男性の働き世代と「生活」を重視する中高年女性の意識の違いがくっきり浮かんだ。このことにも意を用いなければならないことも課題となった。

16(H28). 9.16】民進党の新党主となった蓮舫氏は、民主党を堕落させた戦犯である野田元総理を民進党の新幹事長に起用しました(報道記事)。これを機に、「結合(民進党の良心的部分と他の良心的政治勢力とが合流して新党結成、それを核とした野党共闘の構築)の前の分離(民進党内の良心的部分と‟第2自民党”的部分の分離)」が始まることが願われます。

【16(H28). 9.11】民進党党主選挙(16.9.15 開票)において最も「マシ」だと思われていた蓮舫氏でさえ、「米軍普天間基地の辺野古への移設計画の堅持」を主張しました(ご参照)。やはり、日本の未来を切り開くためには野党共闘を進めるしかなく、それを実のあるものにするためには、民進党を「改憲阻止・戦争法廃止・米軍基地撤去・TPP反対・原発廃止」の政党として純化していく(民進党の良心的部分と社民党等が合流して新党を形成していく)以外に道はないでしょう。

16(H28).7.31】都知事選民進党は、党首が選挙期間中に辞任(党代表選不出馬)を表明するなど、頼りにならないことを露呈した。

16(H28).7.1024回参議院議員通常選挙

 ①民進党が敗北した。野党共闘が敗北したのではない。

   では、なぜ民進党は敗北したのか⇒改憲について民進党幹部の主張はバラバラ(48→右図ご参照)で自分たちに改憲を阻止できる体制がないのに改憲問題を最大の焦点にしようという背任行為をおこなったため。

 ②福島選挙区(放射能汚染で復興が進まない問題)・東北各選挙区(TPP問題)・沖縄選挙区(米軍基地問題)という、重要問題が鮮明なところでは野党共闘が勝利し、福島・沖縄ではなんと現職大臣が落選し、かかる事態に自民党は動揺している※。

   ※ご参照:異例の現職2閣僚落選ミラー

 また、静岡・京都両選挙区(共に2人区/自公・民進が各1名当選)では民進・共産両党を合わせた獲得票は自公のそれを上回っている。同日選挙となった鹿児島県知事選でも野党共闘が勝利したが、この選挙では原発問題が鮮明であった。

 ③①・②から、重要問題を鮮明にして争点化し、背任行為をおこなわなければ野党共闘が勝利する、ということが言える(この点で鹿児島県新知事が、「原発停止」の公約を破るという背任行為をしないことを願う)。

 ④これまでは自民党を強力に支援してきた2大宗教団体が方針転換し、これまでは公明党を強力に支持してきた宗教団体の内部からも同党の方針を批判する動きが起こり、公明党支持者でありながら野党共闘候補者に投票した人の割合が高かったことも③を補強する(かかる動きに公明党は動揺している)。

(*)参考

 ①ポピュリズムも必要(ご参照.pdf

 

 

« 天皇「お気持ち表明」(平成の玉音放送)<16(H28). 8.8>について/生前退位問題 | トップページ | (冷戦終結後の熱戦の場となっている)イスラム世界        »

無料ブログはココログ