« 現場教員・教員経験者の意見・声 | トップページ | メディアリテラシー          »

不登校 

【*】県・生駒

  適応指導教室

不登校問題解決のために

教育機会確保法(義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律)  全文.pdf概要.pdf  附帯決議その主なもの)  大分県教育委員会掲載資料  文科省からの教育委員会への通知

(4)諸団体の見解

 ①NPO法人フリースクール全国ネットワーク

 ②不登校・引きこもりを考える当事者と親の会 ネットワークグローバル化する世界の教育状況と日本「学習機会多様」をめぐって.pdfあり)

 ③子ども・教育・文化を考える会

(3)問題点

 ①すべての小学生・中学生に「通称 不登校対策法案」はいりません-「教育機会確保」より子どもの命が大事-

 ②多様な学習促す? 差別を助長? 不登校の生徒を支援する「教育機会確保法」を分析ミラー 類似記事

 ③教育機会確保法。この法律をどう受け止めてどう活かすかは、これからの僕たち次第だ教育機会確保法可決から考える、不登校への「上から目線」の違和感禍根を残す「教育機会確保法」 「不登校対策法」がもたらす子どもの危機

 ④「教育機会確保法」は自転車のような法律

(2)「教育機会確保法 不登校対策は」(くらし☆解説).pdfしばらく学校を休んだあとは?

(1)教育機会確保法が成立⇒報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf

資料

(9)<いま子どもたちは>もう一つの学び場

(8)教育関係NPO法人の活動事例集

(7)各学年の課程の修了又は卒業の認定

 ③原級留置

 ②課程の修了又は卒業の認定等について進級、卒業の時期に?!

 ①学校教育法施行規則第57条「小学校において、各学年の課程の修了又は卒業を認めるに当っては、児童の平素の成績を評価して、これを定めなければならない。」/第58条「校長は、小学校の全課程を修了したと認めた者には、卒業証書を授与しなければならない。」/第79条「・・・・・第五十四条から第六十八条まで・・・・・の規定は、中学校に、これを準用する。」

(6)不登校 中卒認定という選択小中学校における進級卒業問題

(5)各国におけるフリースクール・ホームスクールと義務教育との関係

(4)児童の権利条約  国連・児童(子ども)の権利委員会の勧告

(3)教育機会確保法⇒【】へ

(2)33不登校の小中学生の推移・主な相談窓口(→右図<クリックで拡大>

(1)学校が死ぬほどつらい子は図書館へ.jpg学校死ぬほどつらい子は図書館へ.pdf「学校つらい子逃げて来て」鎌倉市図書館が感涙ツイート  (関連 : このツイートをめぐる議論pdf鎌倉市立図書館のツイッター)  私も図書館に救われた.pdf

 

« 現場教員・教員経験者の意見・声 | トップページ | メディアリテラシー          »

無料ブログはココログ