« 皇太子妃と愛子内親王を救済しなければならない。 | トップページ | 政府与党が悪法を定め、悪政を強行するたびに憲法改悪は遠のく。 »

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(カジノ法<16.12.15 強行可決・成立>                          

(1)意見書

 ①川崎市「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律の廃止を求める意見書」(17.3.10/否決)・・・民進も反対し、自公維新に馬鹿にされている。

 ②岩手県「特定複合観光施設区域の整備推進に関する法律 に反対する 意見書」(16.12.21/可決・・・岩手県議会は立派!

 ③鳥取県(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR整備推進法)の廃止を求める意見書の提出並びにギャンブル依存症対策の推進について)

 ④伊那市「カジノを中心とする特定複合観光施設(IR)区域の整備の推進に関する法律の廃止を求める意見書」(16.12.16)

 ⑤市川市「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(カジノ解禁法)の廃止を求める意見書」(17.3.15)

 ⑥橿原市「『特定複合観光施設区域の整備推進に関する法律案 』に反対する意見書」(16.9.24)

 ⑦青森市「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律の廃止を求める意見書」(17.3.23/否決)

(2)意見書に関する報道記事

 ①カジノ法撤回の意見書可決 京田辺市.pdf

 ②カジノ解禁法に4地方議会が意見書.pdf

 ③住田町議会 カジノ法案廃案求める意見書 全会一致で可決

(3)資料

 ①日本のギャンブル依存率は他国の5倍以上

« 皇太子妃と愛子内親王を救済しなければならない。 | トップページ | 政府与党が悪法を定め、悪政を強行するたびに憲法改悪は遠のく。 »

無料ブログはココログ