« 金時鐘さんの発言等   | トップページ | »

野党共闘から与党共闘への道のり(実践) 第2ステージ

                                 <17(H29).10. 1 初訂>

】これまで野党共闘から与党共闘への実践の速度は遅かった<野党共闘から与党共闘への道のり(実践) 第1ステージご参照>

】そんな中、悪意(悪政をリセットし、憲法改悪を狙う)をもって衆議院解散<17(H29).9.28の>が強行(反民主主義)された。これを機に東京都知事は悪意(権力拡大)をもって希望の党設立を強行(非民主主義)して政局を混乱させ、民進党がそのあおりをまともに食らう中で、民進党党首は悪意(自らと仲間の保身)をもって民進党の希望の党への合流を強行(反民主主義)して民進党を分裂させた。これにより、野党共闘から与党共闘への実践(民主主義実現への努力)の速度が速まることで、将来的な与党共闘の実現の展望が一気に開かれた。まさに、現在の日本の政治状況は「天国(民主主義実現)への道は悪意(反民主主義・非民主主義)で敷き詰められている。」である。ぬかりなく、下記のシナリオ(天国=民主主義実現への道のり)<野党共闘から与党共闘への道のり(実践)その2>が実行されることが期待される。

 ①<民進分裂>民進党は希望の党に吸収される者とリベラル勢力に分裂

 ②<野党結集>旧民進リベラル勢力と共産党と社民党等が共闘体制構築

 ③<政治的構図構築>(自公[第1自民=第1与党]vs希望維新[第2自民=第2与党])vs野党共闘(旧民進リベラル・共産党・社民党等)の政治的構図構築

 ④<悪同士を闘わせて悪を弱体化させ悪を制す>第1自民と第2自民を闘わせ、それをも利用しながら野党共闘が政治的勢力を拡大し、与党共闘への展望を開いていく。

「野党共闘から与党共闘への道のり(実践) 第2ステージ経過

17(H29).10. 1武蔵野市長選野党共闘が圧勝自民推薦候補が惨敗

<17(H29).10. 1>民進党分裂

 

« 金時鐘さんの発言等   | トップページ | »

無料ブログはココログ