« 明治から戦前にかけての「非戦・避戦の精神」の顕現   | トップページ | 日本国憲法は、人類の歩むべき道の道標   »

天皇制関係 

「長髄彦とイワレヒコの戦い」と「象徴天皇制」生駒の神話と天皇制

令和問題

  ①令和フィーバー考⇒「大日本帝国時代に戻ったつもりですか」 “浮かれ た”メディアの罪.pdf美智子さまの「良妻賢母」像が隠した女性蔑視.pdf皇位継承を議論しないことに危機感.pdf非正規雇用と貧困 「平成の課題は何も解決していな い」.pdf

  ②元号を否定しない私が令和の使用を拒否するワケ.pdf

  ③そうだったのか! 民衆を苦しめ腐敗しきった政治に我慢できず田舎に帰るという「帰田賦」が、元号「令和」の大元の出典 .jpg元号「令和」は、憲法が権力者を縛る立憲主義を唱える高名な学者たる川岸令和氏と思いっきり名前がかぶっている.jpg/「令和」から浮かび上がる大伴旅人のメッセージ ミラー  

  ④新元号を考える

元号について

 ②みずからの国家観、歴史観を為政者が元号に投影できる可能性も整えられた。<ご参照

 ①元号というものをどう考えればよいのか?・・・3人の識者の見解

天皇・皇后ご夫妻(および皇太子)の「生命・環境・人権よりも経済・軍事・統制を優先する」動きとの闘い

  

 

 

 

« 明治から戦前にかけての「非戦・避戦の精神」の顕現   | トップページ | 日本国憲法は、人類の歩むべき道の道標   »

無料ブログはココログ