« こんな言葉     | トップページ | トップページ »

非武装・非戦の論理   


       憲法・改憲戦争法(集団的自衛権行使)武力行使なき内戦 もご参照

国際的な世論で国を守るコスタリカご参照ミラー> 

平和を維持する・戦争をなくすために必要なことはこれではないか。

戦争法とは、そしてこの法律は廃止されなくてはならない理由.pdf戦争法(集団的自衛権行使)より>

  これの(8)を抜き出したもの⇒日本が武力行使(戦争)せずに国を守る道 

侵略を武力なしで防ぐ道

日本人の集団的無意識たる「非戦・避戦の精神」(戦いを否定する精神」)

日本型ファシズムと改憲をめぐる武力行使なき内戦

排外主義(隣国ヘイト)撲滅のために

柄谷行人さんの言説

国譲り神話と憲法第九条

「軍隊=国家」は国民を守らない

戦争(暴力)は人間の本能(本性)ではない  

戦略的非暴力

ジャック・アタリ「自分をコントロールすることで他者との争いを避ける。これがアジアの文明の素晴らしさだ。」

9条の国、誇り高き痩せ我慢.pdf

領土問題解決のために

縁起の法(教え)の拡大が諸民族共存の道  仏教の出番

チョムスキーの発言

普通でまじめな人たちが、自分を「兵士」と認識していたから、

ハンガリー動乱と今日の日本

憲法第9条を棄てるとき、日本人は限りなく堕落していく!

防衛省誕生で、不戦60年の終焉を告げる晩鐘が鳴り響く!

安全保障政策を推進する立場の自民党が、安全保障が争点になった選挙には極めて弱いミラー <弱い理由をこの文の筆者は「自ら国防政策についての議論を深めることもなく、国民の国防教育も怠ってきたことにある。」としているが、そうではなく、戦争容認・推進にかかわることは、非戦・避戦の精神 を逆なでするからです。>

戦争と平和の関連記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« こんな言葉     | トップページ | トップページ »

無料ブログはココログ